赤ちゃんの口臭

赤ちゃんの口臭チェック

いつも赤ちゃんと一緒に過ごしている、お母さん。赤ちゃんの体調の変化にとても敏感になりますね。 赤ちゃんの口臭を感じたとき、ついつい気になってしまうのではないでしょうか。

気になる赤ちゃんの口臭をチェックしてみましょう。

赤ちゃんの口臭の原因

赤ちゃんの口臭というと、ミルクのようなイメージがしますが、
それ以外の臭いような匂いがするときもあります。

赤ちゃんの口臭の原因として、水分不足があります。
赤ちゃんに限らず、大人にも当てはまるのですが
口の中が乾燥し唾液の分泌が少なくなると、雑菌が繁殖しやすくなります。
朝起きたばかりなどは、だれでも口臭は少なからずあります。

それから、風邪を引いたり、鼻づまりがあるときなど
赤ちゃんの体調が悪いときには、口臭が発生することが多いです。

鼻呼吸をせず口呼吸を多くしている赤ちゃんも口臭があります。
逆に、よだれが多い赤ちゃんも口臭がでてきます。

歯が生えてきたばかりの赤ちゃんは、歯磨きがうまくできずに
初期虫歯になってしまい、これが口臭の原因となることもあります。

赤ちゃんは大人の口臭の原因となっている、
胃などの内臓疾患についてはめったにないと考えてよいでしょう。

赤ちゃんの口臭については、親が神経質になりすぎている場合もあるので
市販の口臭チェッカーで確認してみるというのも一つの手でしょう。

赤ちゃんの口臭を対策・予防しよう

赤ちゃんの口臭予防対策としては、やはり日ごろから体調管理をすることが
大切になります。

水分が不足しないよう気をつけたり、風邪をひかないよう
赤ちゃんの身体を冷やさないように気をつけましょう。

歯が生えたばかりの赤ちゃんは、食後に白湯やお茶を飲ませて
口の中をきれいにしたり、ガーゼや赤ちゃん用歯磨きで磨いてあげたりしましょう。

歯が生えてきたら、定期的に歯医者に検査しに連れて行くことも
口臭のみならず虫歯を予防していくのに大切です。

幼児の口臭

幼児の口臭となる原因で一番大きいのは、虫歯があるからと言われています。

また、鼻呼吸ではなく口呼吸をする幼児が増えてきたことも原因のひとつです。
赤ちゃんと同じく、水分不足で口の中が乾いているということも多いのです。

幼児は自分の口臭のにおいや、口呼吸をしているなどが分かりません。
遊びに夢中になっていると、水分もとらずにいることもあります。
これは、親が気をつける必要がありますね。

甘いものやお菓子をあげすぎないようにして、食後はすぐに歯磨きを行うこと。

気になる場合は歯科医師や耳鼻科、内科医など原因と思われる箇所の医師に相談して
アドバイスをもらいましょう。

育児の本にも色々書いてありますので、参考にするといいですね。