不妊治療 芸能人

芸能人で不妊治療をしている方を、ちらほら聞くようになりました。
ひと昔は周囲の目が気になり、不妊治療の情報も一般的ではなかったのですが、 不妊治療のブログも以前より見かけるようになり、かなり開放的になっています。
テレビで拝見した不妊治療芸能人のなかには、コブクロの小渕健太郎さん、ジャガー横田さん、 山瀬まみさん、つんくさん、千野志麻さん、近藤真彦さん、千堂あきほさん、イチローなどが あげられます。
どういう芸能人が治療を行っている、または行っていたのか調べてみました。

コブクロ 小渕 不妊治療

不妊治療芸能人のなかでコブクロの小渕さん(31歳)が、不妊治療の末に結婚10年目にして
双子の赤ちゃんが誕生したのはご存知でしょうか。
12月9日に、男の子と女の子の双子の赤ちゃんが生まれ母子ともに健康に
過ごしているそうですw
コブクロ結成10周年とも重なっており、まさに小渕さんにとって幸せいっぱいの連続。

これからもパパとして、歌手として、がんばりがいがあるでしょうね。

不妊治療 双子

不妊治療で双子が生まれるものなのでしょうか?そもそも不妊治療で
1人がいいのか2人がいいのか選べるものなのか、少し疑問に思ってしまいました。。

不妊なので、1人産むのにも精一杯なんじゃないか?と。

実は、不妊治療においては双子の妊娠は避けられているそうです。
これは医者の意見なのですが、双子妊娠を避ける理由として、

  1. 妊娠中毒や合併症が起こりやすい。
  2. 経済的な負担。
  3. 早産になりやすく、赤ちゃんが低体重になるかもしれない。
などがあげられており、不妊治療をする医師は双子以上の出産を
なるべく避ける努力をしています。

多胎妊娠する原因には、排卵誘発剤による排卵卵細胞数が多かったため、などがあります。

高齢出産のときには、少しでも妊娠の確立をあげるために
1個の卵子ではなく複数個の排卵誘発を行うことがあるそうです。

双子のリスクをとるか、1%でも妊娠の可能性をあげるか。
患者さんはよく医師と話し合って、不妊治療することがとても大切です。

それにしても不妊治療の費用や医療費控除、助成金、治療方法(注射・漢方)
などについても事前にくわしく知りたいものですね。

ジャガー横田 不妊治療

不妊治療芸能人に、ジャガー横田さんも有名です。

ジャガー横田さんは45歳で、2007年1月22日に海外出産(ホノルル)で男の子を生みました。
テレビで見ていたのですが、ジャガー横田さんと木下博勝さんは赤ちゃんがなかなかできずに
東京?の産婦人科病院で検査したところ、ジャガー横田さんは妊娠しにくい身体だと判明。

体外受精なども失敗に終わり、ジャガー横田さんが木下さんに泣きながら
電話をするシーンは、心が痛みました。

しかしその後、奇跡にも自然妊娠をします。いや〜、すごく感動しました。
不妊治療をしている全国の皆さんも、不妊治療 芸能人を見て希望がわいてきたのではないでしょうか。

木下さんの教育熱心ぶりにも思わずふきだしてしまいました(^^)
これからも幸せに過ごしてほしいものです!